フリーコンサルタントを考えている方へ

現在、コンサルファームにて正社員で働いており、独立を考えている方は多くいると思われます。 まずは何のために独立するか考える必要があると思います。 ,金を多く稼ぎたい⊆分の判断で仕事がしたいF販志向が元々高いなど、多数 の理由があると思います。いづれにしても転職と一緒で、自己分析をしっかりして独立する 目的を明確にして、実行に移す必要があります。

現在もコンサルタントとして正社員で現場に入っている方は、現場と必要とされ、コロコロ 現場が変わらない方でないと厳しい現実がまっています。 正社員であれば毎月稼げていた給料も、フリーランスになって現場に入っていなければ 売上はゼロです。結婚している方は、家族に相談する必要がありますし、リスクを考慮して 行動に移すことが必要です。 フリーコンサルタントの中でも、途中で年齢を重ねていくと事業会社やコンサル会社に 戻っていく方が多くいます。 フリーコンサルタントとして長くやっていくためには、誰にも負けないような強みを持つこと が必要だと思います。

例を出すと、業界の業務知識(銀行、保険などの金融や製造系やその他知識) やシステムでいえばどこかに特化したした知識(プロジェクトマネージメント、インフラ、その他) などが挙げられます。 自分の得意分野を磨きあげ、それを伸ばしていくことが必要になります。 コンサルティングの業界でよく言われる、UP or OUTということがあります。 UPは昇格できる人、OUTは昇格できずに辞めていく人 という意味で昇格できない人はやめていかなけれえばならないという意味です。 フリーランスでは少し、意味合いが違いますが、同様に厳しい世界であると 認識する必要があります。


PMO・SAP案件の紹介